LogicoolのPC、スマホ、タブレットで使える静音ワイヤレスキーボード「Logicool K780」【レビュー】

ガジェット

Logicool K780 Multi-Device

こんにちは、Parabeaです。今回はLogicoolさんから発売されているワイヤレスキーボード「Logicool K780」を見ていきたいと思います。それでは早速見ていきましょう!

開封!

箱はこんな感じです。

それでは開けます。

箱の中身はシンプル。

  • キーボード本体
  • 保証書
  • クイックスタートガイド
  • 単4形乾電池
  • Unifyingレシーバー

※単4電池とレシーバーはキーボードの中に入っていました。

本体を見ていきましょう!

上から見るとこんな感じです。

第一印象はキーが丸くてかわいい!

そして、横から見た感じです。右側面には電源スイッチがついています。

傾斜は浅めの角度がついています。

裏面です。

裏面には電池とレシーバーを入れる場所があります。そして、四隅に滑り止めがついていてタイピング時に滑らないようになっています。

裏面の電池、レシーバー収納スペースを開けると単4電池とレシーバーが入っています。最初から電池が付属しているので家に電池がなくても大丈夫ですね。電池寿命は24ヶ月のようです。電池については、しばらくは買わなくて良さそうです。

それでは接続してみましょう!

まずはキーボードの白い数字のキーを3秒間押します。

続いて、先ほどのレシーバーを取り出してFn+Pを3秒間押します。

そしたら、PCのUSBポートにレシーバーを差し込みます。

これで接続完了です。

接続のやり方は箱に分かりやすくイラストで書かれています。

専用ソフトでカスタマイズ

Logicool Optionsというソフトを入れることで、キーを割り当ててカスタマイズすることが出来ます。音量調節や戻るなど、たくさんの割り当て項目があるので、自分好みのキーボードにすることが可能です。

Logicool Options→https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/options

使ってみた感想

簡単に接続することが出来て、とても楽でした。そして、この丸いキーボード、打ちづらそうには見えるんですが意外と問題なく打つことが出来ました!

実はこのキーボード、本体上部にある溝にスマホやタブレットを立てかける事ができるスタンドがついているんです!そして3台まで同時にBluetoothまたは、Unifyingで接続することが出来るのでスマホとPC、タブレットを一つのキーボードでまとめて操作することが可能です!

気になる値段は?

今回紹介したこちらの「Logicool K780 Multi-Device」の値段は…

6,005円! (記事掲載時の価格)

まとめ

良かったところ
  • スマホやタブレットを立て掛けて同時に使える
  • タイピング音がとても静か
  • 大きさがコンパクト
残念だったところ(改善してほしいところ)
  • キーを詰め込んでいるため行う作業によってはキーが足りない
  • 矢印キーがとてつもなく小さい

スペック詳細

型番

K780

寸法

高さ158mm
380mm
奥行き8mm(前部)、22mm(後部)
重量875g

技術仕様

接続タイプ:ロジクールUnifyingプロトコル(2.4gHz)Bluetooth Smartテクノロジー

ワイヤレス通信可能範囲: 10m以上のワイヤレス通信可能範囲

 

ソフトウェアサポート

ロジクールOptions(Mac用)OS X 10.8以降
ロジクールOptions(Windows用)7、8以降
Logicool Flow
利用可能なアプリケーション(リリース時)ロジクールOptions 2.1

インジケーターライト(LED)

LEDBluetoothチャンネルLEDx3
LED電池残量インジケーター
電池単四形乾電池x2
電池寿命(非充電式)24ヶ月

特殊キー:ホットキー(ホーム、検索、戻る、アプリの切り替えおよびコンテキスト メニューなど)、Easy-Switch接続/電源: オン/オフスイッチ

タブレット カバーとスタンド:最大11.3mm厚さのほとんどのスマートとタブレットに対応し、縦置きも横置きも可能。iPad Pro(12.9インチ)は横置きのみ対応。

システム要件

  • 外付けキーボードをサポートするパソコン、スマートフォン、およびタブレット
  • Windows 7,8,10 以降
  • Android 5.0 以降
  • Mac OS X 10.10 以降
  • iOS 5 以降
  • Chrome OS
  • USB接続:USBポートが必要。
  • Bluetooth接続の場合:キーボードをサポートするBluetooth Smart対応デバイス(HIDプロファイル)が必要です。

梱包内容

キーボード
単四形乾電池x2(装着済み)
USBレシーバー
取扱説明書

保証情報

2年間無償保証

コメント

タイトルとURLをコピーしました